サプリメントアドバイザーによる、リバウンドをくり返さないためのダイエットの正しい基礎知識


トップページ ダイエットの必要性 失敗しないために やさしいダイエット法 ダイエット成功のコツ ダイエット関連情報 お問い合わせ
 

 5−4 便秘について


さて、この項では本来のデトックスの意味ではないのですが、最近は老廃物の排出、つまりは「便秘」
の解消そのものもデトックスと思われている様なので、関連情報として触れておきます。
ここでは<便秘解消によるダイエット>に重心をおいてお話ししましょう。

特に女性に多いのが、この<便秘>です。

下(しも)の話しなのでなかなか人には相談しにくい内容ですから、顔の見えないネットでは
しばしばご相談を受けます。

ではなぜ便秘になれば、太るのか?
これは前述しました「デトックスの効果の逆」を考えていただいたらとても分かりやすいと思います。

1.老廃物が溜まり、体内のリズムが大幅に狂う。
2.内臓や腸の働きがすこぶる悪くなり、本来の内臓器官の働きができにくくなる。
3.そうなると体内の新陳代謝が鈍り、リズムが狂って自律神経に乱れが生じてくる。
4.肌荒れをおこしやすくなり、体中の老化が進む。
5.血流やリンパの流れが悪くなり、ドロドロ血液が進行し、むくみ、肩こり、生活習慣病へと
  発展してしまうことがある。


これらを一言でいえば、便秘になることによって体中のリズムが壊れていくので、正常な代謝が
出来なくなって太ってしまうのです。つまり、便秘による肥満は、他の理由による肥満よりもずっと
深刻であると言えるかもしれません。

ですから、便秘解消を心掛けることは、ダイエットのためだけではなくて、あなたの健康維持にも
とても重要なことであるということがご理解をいただけると思います。


では次に、便秘の原因について考えてみましょう。

便秘になる原因にはいろいろありますが、一般的には、

1.食事
  ・偏食
  ・ドカ食い
  ・不規則な食事時間
2.運動不足
3.睡眠不足や不規則な睡眠
4.精神的ストレス
5.低体温
6.大腸変形
7.交感神経・副交感神経のアンバランス
8.免疫力の低下
9.その他


等が考えられます。

通常の生活をしている人でも、旅行とかで生活環境が変わると、スムーズな排便ができないという
体験は誰しもがもっているものです。

しかし、便秘気味の人は、便秘が当たり前のように習慣になってしまっている人がとても多いです。
そしてそのほとんどの人が、下剤のお世話になっています。

でもそれは、本来の姿ではありません。食事をしてある程度の時間がくれば、自然に便意をもよおし、
力まなくてもスムーズに排便できるのが普通なのです。

ですから便秘気味の人は、上記の原因に心当たりがないかチェックして、改善してください。
そして下剤に頼ることなく、一日も早く自然排便ができるように心掛けてください。

なぜならばそれを安易に続けていると、習慣化されて、体そのものが下剤を飲まないと排便
できない身体になってしまい、大腸ガンの危険性も高くなるとも言われています。
浣腸なども同じです。習慣にしないようにしてください。

緊急時だけに使用して、常用はされない様にしてください。

根本的な便秘解消のためには、身体そのものが覚えている習慣を変える必要があるので、
身体全体のバランスを考えて、便秘になる原因を解消するという考え方に立って、少し時間が
かかるかも知れませんが、気長に改善策をとられることをお勧めします。
これも、生活習慣を変えるということですね。

特に、腸のまわりは「第2の脳」と言われるくらいに、多くの神経細胞が密集しており、体調維持の
ためのバランスを司っていますので、あなたが美容と健康を手に入れたければ、排便するためだけの
対症療法はもう止めて、腸に正しい情報を伝えてあげることが必要です。

(c)フリーメディカルイラスト図鑑より


便秘解消には、いろいろな方法がありますが、一番にはあなたもご存じのように「食物繊維」の摂取
です。やはり食べ物によって腸の中をキレイにすることが大切です。

二番目には、ヨーグルトの摂取などで、腸内の善玉菌を増やすことです。

しかし、一般的なヨーグルトではその中に含まれているビフィズス菌のほとんどが、胃の中の「胃酸」で
死滅してしまうので、肝心の腸内まで生きて届きにくいのが現状です。

そこで私は、胃酸に強く生存率の高いビフィズス菌と、その乳酸菌のエサになるミルクオリゴ糖を配合
したビフィズス菌+ミルクオリゴ糖 を、お勧めしています。
腸内を善玉菌でいっぱいにして、スッキリ・爽やか! 健康的な腸内環境を作っていきましょう。

また、このセミナーの中で何度か、「ドカ食い」はダメですよと言ってきましたが、その習慣のある人は、
たいてい便秘症の方が多いです。
これは普通、食事をすると胃が下がってきて横行結腸に触れ、それをサインに、しばらくすると便意を
もよおすといわれていますが、ドカ食いの人は普通の食事のレベルでは便意のサインを出さなくなって
しまうからです。


便秘には、「大腸のマッサージ」も有効です。
これは排便がしづらい時に、図の「上行結腸」から「横行結腸」「下行結腸」「S状結腸」「直腸」
と、丁度、時計回りで手のひらか指3本くらいで、軽くさすってマッサージをしてあげるのです。
(あまりきつくしないで、短針で12時から始めて1時半、3時、4時半というように押さえていくと、
慣れてくれば、日によって違いますが、「ココ!」という場所が分かります。)


便秘については、もっとお伝えしたいことが山ほどありますが、これもまた別のサイトで詳しくお話し
したいと思っていますので、ここではこれまでにしておきます。







Copyright © 2012 サプリメントアドバイザーの健康ダイエット講座 All rights reserved.
by サプリメントアドバイザーの健康ダイエット講座